タグ検索:作品展示

開催が延期となっておりました森安師裕氏による「翡翠アート展」(入場無料)を2021年7月15日(木)~8月15日(日)の期間で開催いたします。
また、会期中には記念イベント(有料)も開催いたしますので、参加をご希望のお客様は事前に参加申し込みフォームからお申し込みください。

~うなぎ有本80周年記念企画・第三弾~
―地球のおくりもの― 森安師裕 翡翠アート展


翡翠人(ひすいびと)・森安師裕(かずひろ)氏が、原石から丹精込めて磨き上げた翡翠によるアートを多数展示致します(一部即売)。※入場無料



会 期2021年7月15日(木)~8月15日(日)
(11:00~18:00 定休日:月曜日、第三火曜日)
会 場うなぎ有本 2階ギャラリー
お問い合わせTEL 090-3956-3239(森安)

記念イベント(*こちらは有料となります)

「翡翠アート展記念茶会」【要予約】

翡翠水からたてるお薄をお楽しみいただきながら、翡翠とお茶の世界をお楽しみ頂きます。

期 日2021年7月15日(木)
[1部]10:00~11:30 [2部]15:30~17:00
会 場うなぎ有本
参加費3千円
主 催森安師裕
協 力古橋尚
ご予約参加申し込みはこちら

「月と命の夜福会~翡翠酢で縁起鮎をいただく」【要予約】

この日は一粒万倍日!
古代、鮎はその年の吉祥を占う縁起ものの魚だった!?
翌日は大暑! うなぎは蒲焼きができるまでは貴族は食べなかった!?
そんな歳時記の話や翡翠にまつわる話しを交えながら
美命の器で鮎とうなぎをお楽しみいただきます。

期 日2021年7月21日(水)18:00~(17:30受付)
会 場うなぎ有本
参加費1万円
主 催美命、うなぎ有本
ご予約参加申し込みはこちら

「月と命の昼福会~翡翠山椒でいただくうなぎと夏野菜の翡翠焼き」【要予約】

2週間後は立秋、その6日後にはお盆。
「暦の上では」ってどういうこと? そもそもお盆って何?
お盆についてのお話や翡翠のお話を交えながら
美命の器でうなぎや、翡翠で焼く夏野菜を堪能いただきます。

期 日2021年7月22日(木)11:30~(11:00受付)
会 場うなぎ有本
参加費1万円
主 催美命、うなぎ有本
ご予約参加申し込みはこちら

「森安師裕 とっておき翡翠の話 うなぎ弁当、本翡翠お守り付き」【要予約】

翡翠に魅せられ、翡翠の美を追求し続けた「翡翠人 森安師裕」が翡翠の魅力を余すところなくお話します。
お土産にうなぎ弁当と本翡翠のお守りをお持ち帰りいただきます。

期 日2021年8月8日(日)18:00~(17:30受付)
会 場うなぎ有本
参加費1万円
主 催森安師裕
聞き手古橋尚
ご予約参加申し込みはこちら

~うなぎ有本80周年記念企画・第二弾~
小川珊鶴 出版記念「ひなまつりはなぜ桃の節供」絵本原画展


絵本『ひなまつりはなぜ桃の節供』(表紙)


 高校を卒業後、美しい花々を描こうと美大へ進学したのですが、先生の教育方針は意に沿うものではありませんでした。私は失意のうちに筆を折り、絵筆を花に持ち替えて「花の道」を目指して今日に至ります。

 しかしこの度、有本のお嬢様のご縁で米山様のご好情により、再び絵筆を持たせて頂きました。そして、無心の境地にて筆を下すことができ、絵本『ひなまつりはなぜ桃の節供』を桜木に上す事ができました。幼少の頃より還暦を過ぎた今日まで抱き続けた、私の心にある「一貫した想い」が形になり、この本となって誕生しました。本当に、喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。

 昔からお世話になった「うなぎ有本」様の、80周年のお祝い企画第二弾として、私の雛人形コレクションの一部と共に、絵本原画展を開催致します。皆様にご高覧頂ければ幸いです。

花道家・日本伝統文化芸能アレンジャー
小川 珊鶴


絵本『ひなまつりはなぜ桃の節供』(一部抜粋)





開催案内


催 し~うなぎ有本80周年記念企画・第二弾~
小川珊鶴 出版記念「ひなまつりはなぜ桃の節供」絵本原画展
会 期2021年3月3日(水)~4月14日(水)11:00~18:00
会 場うなぎ有本 2階ギャラリー
お問い合わせTEL/FAX 052-763-3807
  • 小川珊鶴コレクションの雛人形も展示致します。
  • 絵本『ひなまつりはなぜ桃の節供』(全22ページ・2000円・税込み)を展覧会場にて販売致します。なお、絵本を購入希望で、展覧会場の「うなぎ有本ギャラリー」にお越しになれない方は、TEL 090-9269-3622(小川)へ、お問い合わせください。

記念イベント

催 し小川珊鶴 講演会 【要予約】
日 時2021年4月14日(水)10:30~受付開始 11:00~講演(2時間程度)
会 場うなぎ有本 2階ギャラリー
会 費1万円(絵本一冊、御弁当、お土産付き)
ご予約・お問い合わせTEL/FAX 052-763-3807

*不明な点がございましたら、お電話にて気軽にお問い合わせください。


三代にわたる当店の歩み(写真等)を展示いたします。
お食事とともにお楽しみください。

新年、明けましておめでとうございます。
「コロナの年」になってしまった昨年(令和2年)、うなぎ有本は80周年を迎えました。そんな中にあって80年の節目を迎えることができましたのは、ひとえに、支え応援し、足を運んで下さったみなさまのおかげ様の他ありません。心より感謝申し上げます。

つきましては、80周年を記念し、郷土史家の古橋 尚先生のご協力を得て、古いアルバムから懐かしい写真をパネルにした「思い出パネル展」を開催しました。

初代有本富夫・かや夫妻や先代の有本勝の面影、店舗の変遷、伊勢湾台風時の被害の様子など、昭和・平成・令和へと続く時代の流れを、みなさまの歴史と重ね合わせながらご覧いただけましたら幸いです。ご来店ご来場を心よりお待ちしております。

うなぎ有本はこれからも、祖父母や先代の想いを軸に、90年100年を目指して、みなさまから愛される店であり続けられるよう、少しずつでも進化させていきたいと思っております。今後ともご贔屓のほど、よろしくお願い申し上げます。

開催案内

催 しうなぎ有本 創業80周年記念「思い出パネル展」
日 時2020年12月6日(日)~2021年1月31日(日) 11:00~20:00
※営業時間・休業日等は、HP・お電話にてご確認下さい。
会 場うなぎ有本 2階
お問い合わせTEL/FAX 052-763-3807

*不明な点がございましたら、お電話にて気軽にお問い合わせください。


昭和・平成・令和へと続く時代の流れを、みなさまの歴史と重ね合わせながら80年の歴史を振り返る展示














名古屋でも人気の器の美命mikotoの展示会
今年は有本で開催いたします

本金や本銀で吉祥柄をデザインした他にはない器を展開している美命。
今年は、守護神の器のオーダーをメインににした展示会です。

ところで、ご自分の守護神、ご存知ですか?
青龍、白虎、朱雀、玄武、黄龍・・・、いずれかがあなたの守護神で、それは生年月日でわかります。
キトラ古墳の壁面に描かれている、と言えばいメージつくでしょうか?

いろいろなことがあった今年だから、ご自分や大切な方へ、守護神を描いた、うつ・くしき器を贈りませんか?
やまと言葉では、うつ=リアル くしい=不思議・奇しくも という意

→気に入った器はその場でお持ち帰りいただけます
→気に入った器に守護神や干支を追加できます(お届けまで約1ヶ月)
→お好きなデザインで、フルオーダーの器をおつくります(お届けまで2〜3ヶ月)

会期中(月曜日以外)、1階の店舗では、美命の器でお食事をお楽しみいただけます。
ご来場を心よりお待ちしています。

開催案内

催 し誕生・結婚・還暦、そして自分へのご褒美・・・
贈る美命mikoto展〜守護神の器オーダー会〜
日 時2020年10月9日(金)~10月15日(木)
11:00~18:00
※月曜日は店舗の定休日のためお食事はできませんが、展示会は開催します
場 所うなぎ有本 1階 茶室
お問い合わせTEL/FAX 052-763-3807

作品




*不明な点がございましたら、お電話にて気軽にお問い合わせください。



この夏も、食の器/花のうつわ/メタルの虫などの新作をそろえ、おまち申しあげております。

土屋土炎手 

開催案内

催 し土炎手窯展「器と虫」
日 時2018年7月10日(火)~7月15日(日)
11:30~14:00 17:00~20:00
会 場うなぎ有本 2階アートスペース
お問い合わせTEL/FAX 052-763-3807
作家プロフィール土屋土炎手
1942 伊豆に生まれる
1960 油絵、造形作品発表をはじめる
1975~77 スペイン・アンダルシアに住む
1984 横浜にて独学で器作りをはじめる
1986 窯名を[土炎手(doende)]とする
1990 伊東市宇佐美に窯を置く
以降「作り手」と「使い手」との対話を求め、年間を通じ、東京、横浜、箱根、名古屋、京都、大阪、芦屋、徳島、愛媛、出雲、金沢、と個展をつづけ、合わせて料理人とのジョイント企画による食事会をすすめる。

展示作品(予定)











*不明な点がございましたら、お電話にて気軽にお問い合わせください。